臭ピタッ 口コミ 口臭

口臭の原因の1つである舌苔の掃除の仕方

 

舌苔(ぜったい)」は新陳代謝により作られた舌にこびりつく口の中の垢のことで、口臭発生の原因の1つとなります。

 

舌苔は口臭の原因の1つとされていて、特に子供の口臭はこの舌苔が原因の場合が多いそうです。

 

ですので、「口臭が気になる」という人なら除去しておいた方がいいでしょう。

 

 

でも、舌の掃除をしてる人って多いんですか?

 

若い人なら舌苔のケアしてる人は多いかもだけど…

 

年配の人で舌磨きしてる人は少ないと思います。


 

確かに、舌を掃除する人は多くはないでしょうし、毎日舌掃除するなんて人はさらに少ないと思います。

 

では、ここでは舌苔の清掃方法について少し詳しく解説します。

 

舌苔掃除用のグッズについて

 

現在、口臭ケアへの関心が高まるにつれ様々な種類の舌清掃用のグッズが販売されていて、100均などでも見かけるようになってきました。

 

舌苔専用のお掃除グッズは「舌ブラシ」と「舌ベラ(舌クリーナー)」の2種類があります

 

歯ブラシのように植毛されているタイプのものがした舌ブラシで、汚れを掻き出すタイプのものが舌ベラです。

 

 

 

色々な形や大きさの舌ブラシや舌ベラが売られていますが、最近では100均でも売られています。

 

私はプラスチック製の舌ベラを使っていますが、舌ベラにも様々な種類があり、金属製や紙製の使い捨てのもの など様々あります。

 

歯ブラシで舌掃除すること、ましてや歯磨き粉を付けた歯ブラシで舌掃除することは危険なので止めてください。

 

歯ブラシで舌をブラッシングすると舌の細胞が傷ついたり微量の出血さえ伴うからです。

 

歯ブラシを使用する場合には専用の柔らかい直毛の舌ブラシを選び、決して固い毛の歯ブラシで舌をゴシゴシと磨かないでください。

 

舌はとても柔らかい粘膜で出来ていて とても繊細でデリケートなのです。

 

「オエッ」となるから苦手という人は…

 

 

私は、愛用の舌ベラを使って舌掃除をしてるん

 

ですけど…舌ベラを舌の奥に入れると「オエッ」

 

ってなるから ちょっと苦手なんですよね〜


 

確かに、舌掃除は「オエッ」となるから苦手、という人多いですよね〜
これは「嘔吐反射」と呼ばれる現象です。

 

舌ベラで「オエッ」となってしまう人は、やや前かがみになって舌掃除をするといいでしょう。。

 

また、舌に力を入れ舌ベラを動かすときに「あ〜」と声を出すと嘔吐反射が出にくくなります。

 

舌掃除は通常 毎日する必要はありません。

 

「どうしても口臭が気になる」という人は毎日行っても構いませんが、毎日する場合は 朝の寝起きの時に行うといいでしょう。

 

毎日、舌清掃を行っていると段々舌苔がつきにくくなります。

 

まとめ

 

鏡で見て確認してした舌苔が付いていない人は舌掃除する必要はありません。

 

舌清掃のポイントは、起床直後に行い 水に濡らしただけの舌ブラシまたは舌ベラで行う。

 

嘔吐反応が出ないように可能な限り舌を前方に出して少し下を向きながら「あ〜」と声を出しながら行う。

 

舌掃除は鏡を見なが舌ブラシは力を入れて磨かないこと。
舌にヒリヒリ感を感じた時は すぐに舌清掃を中止してください。

 

 

トップページに戻る!

関連ページ

舌体操と唾液腺マッサージで口臭予防
口臭予防のための舌体操と唾液腺マッサージをご紹介します。舌体操も唾液腺マッサージも唾液を潤沢にするための民間療法ですが、舌体操は口臭予防だけでなくほうれい線予防にも効果が期待できるのです。