臭ピタッ 口コミ 口臭

口臭予防のためのキレイで丁寧な歯の磨き方!

 

口臭発生の大きな原因の1つが「歯石」で、それが原因で発生する歯周病も大きく関係しています。

 

勿論、歯石は歯科医に行かないと除去できませんし、歯周病もしかりです。

 

 

ただ、どんなにキレイに歯を磨いて口内ケアを

 

していても歯石は出来てしまうものなので

 

定期的に歯医者に通うことが必要です。


 

また、歯周病になる前に 自分で毎日歯のケアをしてキレイに清掃することが口臭予防の基本となります。

 

 

今すぐにできる口臭対策としては 単純ではありますが「歯を磨く」こと。

 

対策としては やはりこれが一番で、短期間に口の中の汚れや細菌を少なくさせることができます。

 

ただし、歯磨きは食後すぐにしてはいけません。食後30分経ってからにしましょう。

 

 

なぜなら、食後すぐの口の中は「酸性」であることが多く その段階で歯磨きをしてしまうと歯の表面に傷がつきやすいからです。

 

ですから30分後、唾液の作用によって酸性が中性に戻り、歯の表面が硬さを取り戻してから磨くのがベスト。

 

どうしても時間がない場合は せめて、うがいをしてから歯を磨いてください。

 

間違いだらけの歯磨きの仕方

 

俳優の安田顕さんがテレビドラマの収録で歯磨きのシーンがあったのですが、歯ブラシに歯磨き粉を付けた所で監督からNGが出ました。

 

 

「何で歯ブラシを水に付けないんだ!?」と監督は激怒、でも安田さんは「いつも僕はこうやって磨いているんですけど…」と言ったそうです。

 

その場でスタッフ全員でアンケートを取った所、半分の人が歯ブラシを水に付けずに歯磨きをしていることが判明し、監督は渋々オッケーにしたそうです。

 

実は、歯磨き前に歯ブラシを水に濡らすのは NGです。

 

 

理由は水に濡らすと泡立ちは早いのですが かえって磨きにくくなるから。

 

また、歯磨き剤に配合されている有効成分も作用する前に流されてしまうからダメなのです。

 

歯ブラシは水に濡らさずに使うのが正しい方法です。

 

歯磨き粉を歯ブラシにベットリと付けるのもダメ。

 

 

これは 完全にテレビCMの影響だろうと思いますが、これは完全に歯磨き粉を付けすぎです。

 

歯磨き粉は研磨剤を多く含んでいるため 付けすぎた状態で歯磨きすると歯のエナメル質を傷つけてしまうのです。

 

歯磨き粉の適量はブラシの1/3〜1/4程度が埋まるくらいで十分です。

 

歯磨き粉後に口内に残っている歯磨き粉が完全になくなるまで口をゆすいでしまうのもダメです。

 

 

これは、歯磨きの後に口をしっかりとゆすいでしまうと歯磨き剤に含まれる有効成分も洗い流してしまうから。

 

最後の口すすぎの水は少量の水で一回すすげば十分なのです。

 

正しい歯ブラシの選び方

 

現在、電動歯ブラシを含めて様々な種類の歯ブラシが販売されており、また磨き方にも様々な方法があります。

 

ですので、ここで説明することはあくまで基本的なことだと思ってください。

 

 

歯ブラシは植毛部分が小さいタイプの方が使いやすいと思います。
気先は柔らかい物を選んでください。

 

硬い方が好きと言う人もいるでしょうが、ブラシの毛先はなるべく細く柔らかいものの方が歯の間や歯茎の境目に入りやすいのです。

 

電動歯ブラシを使っている人はそれで構いませんが、そうでない人はわざわざ値段の高い歯ブラシを買う必要はありません。

 

 

歯ブラシの交換時期は1ヵ月ぐらいが目安なので、100均などで買える安い歯ブラシで構いません。

 

毛先が摩耗したものでは効果的な歯磨きが行えませんので、歯ブラシの寿命は意外と短いのです。

 

歯ブラシの毛先が開いてきたな、と思ったら交換時期だと思ってください。

 

キレイに磨くための歯磨きのポイント

 

ゴシゴシと力強く磨いたり、過剰なブラッシングは歯のエナメル質を傷つけてしまうリスクが高いため力を入れて磨いてはいけません。

 

歯ブラシはシャーペンを持つように持ち、力を入れずに軽く歯に当てて磨いていきます。

 

歯を磨くときに順番を決めていないと あちこち磨くことになってしまって、いつも磨けていない場所ができてしまうことがあります。

 

ですので、スタートとゴールを決めておくといいでしょう。

 

たとえば下の歯の奥歯の裏側からスタートすると決めたとします、これは下の歯の裏側が磨き残しが多いからですが…

 

 

そして、磨いていくと下の歯の奥歯から上の歯の裏側、裏側が磨けたら上の歯の表側を磨いていき、下の歯の表側を磨いていきます。

 

最後に噛み合わせの部分を磨いてゴールです。

 

口臭を予防するために歯を磨く時のポイントとして、まず重要なのは 歯ブラシの毛先を歯と歯茎の境目に当てることです。

 

歯ブラシの毛先を歯と歯茎の境目に約45度の角度で当てて…
((((小刻みに震わせます))))

 

ゴシゴシと大きく動かすのではなく細かく振動させるように歯ブラシを動かしてください。

 

磨き残しが多い場所があるのでいくつか指摘しておきます。
まず、糸切り歯がある所。 ここはカーブの関係で磨きにくい所になります。

 

 

磨いている途中でここで手を返して行かなければいけなくなる所になりますので必ず磨き忘れのないようにしましょう。

 

前歯の裏側も磨きにくいところですが、歯ブラシの毛先を使って細くを縦に動かして汚れを掻き出してください。

 

後は、歯並びの悪い所や抜けた歯の周りなども丁寧に磨きましょう。

 

歯と歯の間の清掃法

 

口臭予防のために歯をキレイに清掃する用具には歯ブラシの他に「デンタルフロス」や「歯間ブラシ」があります。

 

私が使っているのはデンタルフロスですが、これらも100均で数個セットで売っているもので構いません。

私が使っているデンタルフロスの写真

 

このグッズを使えば、歯ブラシだけでは磨きにくい歯と歯の間にたまった歯垢を除去することができます。

 

デンタルフロスは歯と歯のスキマに入れてノコギリを引くように前後に動かしますが歯と歯の間に入れる時は歯茎を傷つけないように注意してください。

 

歯間ブラシはネジリのついたワイヤーに細く短いブラシがついているもので、様々な太さのものがあります。

 

サイズは歯と歯の隙間の大きさに合わせて選びます。
どれを選んでいいか分からない場合は歯科医に相談してください。

 

まとめ

 

口臭発生の大きな原因の1つが歯石ですが、それを除去するのは歯科医に行き取ってもらうしかありません。

 

ですが、歯石になる前の歯垢の状態ならば、口内ケアで取ることが出来るので歯と歯茎の間に歯ブラシを細かく振動させる方法で歯を磨きましょう。

 

また、「デンタルフロス」や「歯間ブラシ」などを上手に使って口内ケアをしてください。

 

しっかりと歯磨きをしても口臭がある場合は 別の原因が考えられますので、緊急避難的に「臭ピタッ」などの口臭サプリを利用するのも1つの方法です。  

 

口コミ投稿サイトに書かれている臭ピタッの口コミの評判はかなり良いですからね。

 

ですが、歯周病の悪化が原因による口臭は さすがの臭ピタッでも無理ですので 歯磨きによるデンタルケアは必須ということです。

 

 

トップページに戻る!

関連ページ

歯医者での歯石取りと歯を磨くタイミング
口臭の原因の1つが歯石です。そこで、まずは歯科医に行って歯石を定期的に取ってもらうことが大事なのですが、口臭予防と言う観点から見た場合 歯の磨き方よりもタイミングが重要になってきます。